ラクゴレンジャー

三金さんが企画した今回のラクゴレンジャー。蓋を開けりゃ彼のお通夜の最中に行われました。同期の米紫・かい枝・吉弥・文鹿に加え三金の代演に林家菊丸さんが北陸方面の仕事から駆けつけ途中参加してくれました。三金夫人から前座で出る弟子の笑金はどうさせましょう? 

「本人が決めな」と返答すると、笑金は師匠のお通夜ではなく、師匠が築きあげた落語会の舞台に立つ事を選びました。もう笑金をトリに出そうと全員一致。涙で声を詰まらせる場面もありましたが、本来三金が務める大きな穴を、三金以上の代役を果たして埋めてくれました。

寂しいけど、生き死にとは、こういう事で順番に誰かが欠けていくことになる。これから同期会をする時も、必ず「桂三金」の名ビラを必ず一緒に挟んであげようと思う。


桂文鹿ホームページ

桂文鹿ホームページ、スケジュールやブログなど。

0コメント

  • 1000 / 1000